マイコンICやトランジスタなどの半導体を代表とする電子部品の購入は、マニアを含めた自作用や、企業における商品の試作、少ロット製品の製作、機械などに搭載する為の基板製作の為だったりと、その需要はどの地方においても確実にあるものですが、電子部品専門の店舗を構える程の需要も無い事や、電子部品の種類も多岐に亘るなど、様々な理由で衰退して行ったのが現状です。その中でも、ここ20年の一番の衰退の原因として、WEB技術の進化と、それに伴うネット通販の充実ぶりがあると思われます。そう言った点では、私達が現在あたり前のように利用している有名通販サイトが次々と開設された、eコマースの黎明期と言われる1996年~2000年において、WEB技術が急激に進歩した背景があります。

電子部品販売は、インターネット通販を利用した方が最適な理由

インターネット通販によって電子部品を販売する方が、実店舗で販売するより優れた点を、通販側視点で見てみます。まず、WEBサイトを構築し開設するなら、全国レベルで販路を持てる事になります。これで各地の店舗に掛かる経費、すなわち家賃や人件費をゼロに出来る上、店舗単位での在庫が不要となる事に直結します。従って、在庫管理全般を一極集中させる事で、無駄な手間を省け、更に地方の店舗では置く事が出来なかったような電子部品も数多く揃える事が可能となります。更に、通販サイトを持つ事は情報を一斉に提供出来る事であり、営業戦略を立てやすくなります。これは新商品のPRであったり、お買い得品のお知らせ、キャンペーンの実施、業界のイベントやニュース提供、技術関連情報の提供が瞬時に、それも経費をほとんど掛けずに可能となります。

通販サイトからの電子部品入手は、購入のし易さが重要

では、購入する消費者視点で、どんな通販サイトが良いのか見て行きます。まず、抵抗器やコンデンサなどの受動部品、トランジスタやICと言った半導体などの能動部品が大きく分類されるのが一般的であるように、関連部品、商品も同じように納得できるよう分類されている事が重要です。例えば、関連商品として、各種ケースやツマミ、ゴム足、配線部材、そして工具や各種測定器と言った、多岐に亘る商品群を、分かり易く大分類しているかと言う事です。更に、ふた昔前にはWEB技術的に難しかった画像を多用しているかは、特に電子部品の場合は、極小部品がほとんどである上、特に半導体などは品名が、数字とアルファベットの羅列な事もあり画像の掲載がポイントです。実は実際の電子部品通販サイトを見てみると、これまで挙げた条件はクリアされており、実店舗に勝る程の使い勝手になっていますから安心出来る事と思います。また、気になる点である、欲しい部品がその分類の何処にも無い場合ですが、これも万全です。未掲載部品や生産中止品、入手困難部品などにも対応出来る柔軟性を備えています。

Latest Blog